期間従業員に関する説明

subpage01

期間従業員とは一定期間の間だけ、指定の場所で労働に従事する人のことです。勤務の内容と場所は、自動車や電子機器などを製造する工場勤務が多いです。



期間工や季節工などとも言われています。以前は、農家などが農業の出来ない季節に行なう期間限定の労働が主流でしたが、現在では通常の職場と同じ通年募集も多くなってきています。


期間従業員の特徴としては雇用形態や勤務場所、待遇などが正社員と異なることです。

NAVERまとめについて気になる方はこちらです。

雇用形態としては、契約社員が雇用条件になり、雇用の継続の有無は一定期間ごとに契約更新という形で行なわれます。

派遣労働者との違いは、派遣労働者は派遣先の企業が雇用しているのに対して、期間従業員は工場で生産業務を行なっている企業が直接雇用していることです。
このため同じ場所で労働をしても、待遇などが雇用先との契約内容によって異なることがあります。
待遇面では期間限定の雇用形態に対応しやすいように、自宅からの通勤ではなく期間従業員専用の住居を設置して勤務先の工場に出勤する形式にしたり、一定期間ごとに仕事を満了した時に指定の賃金が支払われる待遇を採用している場合が多いです。



期間従業員の利点は、正社員になるのと比べると採用されやすく一定の期間だけ働きたい場合などに職場の確保がしやすいことで、欠点は期間限定の雇用になるので長期間労働を行いたい雇用形態には合わないことや、正社員に比べると職歴などになりにくい点などがあります。