合宿免許の長所と短所

合宿免許とは、免許取得に必要な講義や運転練習を自動車学校に合宿形式で参加することです。

合宿免許の情報が詰まったサイトです。

自動車学校の中や付近の設備に宿泊しながら講義や実技を進めていくため、免許取得にかかる期間を短縮することができます。

これが最も大きな長所であり、最短で2週間程度の合宿で自動車学校を卒業することもできます。
また、通常教習よりも料金が安いことも長所といえます。


ただし、学生の夏季休業期間等の時期と重なってしまうと、あまり安くならないこともあるため注意が必要です。


一方で、合宿免許には短所もあります。



教習期間を最低限に抑えるために朝から夜まで講義や実技を受けなければならなく、またそのスケジュールも学校側で決められおり変更することができないのがほとんどです。

つまり、自分に合ったペースで取得することができません。


途中でしんどくなったから期間を空けようということはできないのです。

また、教習途中にある試験に合格期限が発生します。



通い教習であれば何度不合格を受けてしまっても教習期限内であれば再受験すれば問題ありませんが、合宿免許の場合は合格にかかる時間も規定されているため、合格に時間がかかり教習項目に遅れが発生してしまうと追加料金が発生したり卒業すらできなくなってしまう可能性もあります。

このように、合宿免許はただ単に短い期間で済むから、安いからと選んでよい手段ではありません。
自分の免許取得に合った方法かどうかを考え、自分に合っていないと思えば無理に合宿しないほうが運転技術の向上になることもあります。